「300文字小説」東京新聞

東京新聞で「300文字の小説」を募集しています。

原稿用紙1枚に満たない量なので、とても短いですが、短いだけに面白い話を書くのは難しいです。月間の投稿数は400ぐらいなので、1週間で、80~100通ぐらいでしょうか。その中で、3本掲載ですから、がんばって投稿し続けていれば、1度ぐらい掲載してもらえるかもしれません。でも、常連さんも多そうです。

掲載されると図書カード3000円分がもらえます。

応募資格は特にありませんが、ペンネームやハンドル名は不可で、本名での応募しかできませんし、年齢、職業も掲載されます。

さらに半年に1度、掲載作の中から最優秀賞(3万円)、優秀賞(1万円)が数点選ばれるので、1度掲載されると楽しみが増えます。

第22回 2018/7/1発表:2017年11月~2018年4月分、投稿数2133

第23回 2019/1/6発表:2018年5月~2018年10月分、投稿数1911

投稿はサイトのフォームからいつでも可能。掲載は日曜日。

選者:川又千秋氏

スポンサーリンク