第67回 地上文学賞(2019/7/31〆)

地上文学賞は、JA(農協)グループの団体、家の光協会で募集している小説のコンテストです。

第67回地上文学賞募集要項が5月に発表になりました。

テーマは、

激しく揺れ動く現代の農業・農村に文学の面から視点を当て、
その問題の解決と、今後の発展の可能性を追求した小説を広く募集します。

枚数は50枚ですが、「50枚に満たない作品も歓迎」とあるので、短くてもよいようです。

大賞賞金は50万円、佳作は5万円。

審査員(予定)は、芦原すなお、平岩弓枝、山下惣一(50音順)。

前々回、第65回の結果発表。応募総数45編。

スポンサーリンク