ワードプレスでブログを作るのは意外に難しい

WordPress 5.0が、12月7日に公開されました。

「更新してください」とあったので、いつものように軽い気持ちでワードプレスを更新。

ところが編集画面が大幅に変わってしまい、慌てて検索してみたら、今度のバージョンアップは、新エディタ「Gutenberg」というものだそうで…。

旧バージョンのままに2021年まで使い続ける方法もあるということですけど、結局、いつかは変えざるを得ないのだから、今、変えてしまうことにしました。

というわけで、今日の記事は、新エディタで練習を兼ねて書いています(公募に関係ない記事だとまったくアクセスがないので、この記事もほとんど読まれないことでしょう。ワードプレス関連では検索にすらひっかからないでしょうし)

実際、使ってみると文章メインの記事だとブロック単位の編集というのにあまりメリットが感じられませんが、何よりデフォルトの文字が明朝(?)なのかな、変な感じです。それとブロックごとに上にアイコンが出てしまうのがうっとうしいです。

画像データの挿入は、

こんな感じ。画像の隣に文章を入れるのは簡単です。

なるほど、これは便利かも。

パーマネントリンクを変更するところがないので、検索してみたら、お困りの方が多いようで、すでに回答をあげている人がいました。一旦タイトルを入れて下書き保存してから、タイトルのところへ戻ると編集ボタンが現れます。


ところで・・・。

ネットで検索すると、ワードプレスでブログを作るのは簡単だと書いてありますが、文系の人にとってはかなり難しいです。それとサーバー代など月々の費用はかかるけど、あとはノーリスクだと書かれていますが、そんなことはありません。セキュリティーをちゃんとしていないとサイトののっとりにあったりします。簡単だ、簡単だと書いている人はもともとITに強い人だからです。

ただ、公募をやっている人は文章を書くことは好きでしょうし、継続していけるという強みがあります。最初に苦労はするけれど、立ち上げて基本的なことがわかってくれば、文系の人のほうが今度は強くなってくるのです。理系の人は立ち上げられたものの、文章を書き続けられなくて挫折する人が多いようです。

ご要望があれば、公募好きな方用にワードプレスでのブログの作り方などを書いてみたいと思っています。

スポンサーリンク