第67回北村季吟顕彰記念事業~俳句募集~(2022/4/11必着)

俳句・短歌・川柳

北村季吟(1624~1705)は、近江国野洲郡北村(現滋賀県野洲市北)で生まれた江戸時代の代表的な国文学者で、名高い歌人・俳人でもあり、松尾芭蕉も季吟に教えを受けています。季吟は「源氏物語湖月抄」、「徒然草文段抄」など有名な古典の注釈に精力を傾注し、大衆化に努めました。

また、幕府の「歌学方」として5代将軍徳川綱吉に仕えるなどその功績は郷土の誇りです。

この事業は、季吟の業績を偲び俳諧に深く携わった功績を賛えるとともに、顕彰事業として広く俳句を募集することで、郷土の文化芸術振興を図るものです。

応募方法などの詳細は、こちらのリンク先をご覧ください。
↓↓↓
第67回募集要項 (PDF:1MB)
第67回応募用紙 (PDF:726.8KB)

選者

石倉政苑(いしくらせいえん)

北川栄子(きたがわえいこ)

藤野鶴山(ふじのかくざん)

※敬称略、五十音順

俳題

四季雑詠(季節、題は自由です。自己の作品で未発表のものに限ります。)

募集締切

令和4年4月11日(月曜日)(必着)

投句料

5句以内1組1,000円(1人何組でも投句可)

但し、高校生以下は無料

投句方法

下記事務局(土曜、日曜、祝日閉庁)へ投句料を添えてお持ちいただくか、郵便小為替を添えて郵送してください。(現金書留も可)

応募された投句原稿、投句料は返却しません。

投句用紙

必ず所定の様式をお使いください。(用紙複写可)

配布場所は、生涯学習スポーツ課、各コミュニティセンター、シライシアター野洲(野洲文化ホール)、さざなみホール、野洲図書館、歴史民俗博物館、市民サービスセンター、北自治会館 等です。

投句用紙に記載の個人情報は、北村季吟顕彰記念事業(句集、入選通知、ご案内等)にのみ使用させていただきます。

こちらからもダウンロードしていただけます。→ 第67回応募用紙 (PDF:726.8KB)

表彰

選者ごとに特選(市長賞、教育長賞、市議会議長賞)3句、準特選5句、入選35句を選ぶ予定です。また、準特選以上の句に賞状を授与します。

入選は句集掲載のみとなります。

入選以上の人には5月下旬頃(予定)に通知します。

句集

投句していただいた人全員に入選以上の句を掲載した句集を進呈します。

また、市広報関係、報道機関などにも提供します。

氏名(俳号)、市区町村名を記載させていただきます。

句集の発送は5月下旬頃の予定です。

その他

以前実施していた「当日句会」は今回から中止します。

投句および問い合わせ先

〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1(野洲市役所別館1階)

北村季吟顕彰会事務局

(野洲市教育委員会事務局 生涯学習スポーツ課内)
電話 077-587-6053    ファクス 077-587-3835
 


顕彰事業当日の日程予定

期日

令和4年6月11日(土曜日)

会場

野洲文化小劇場(野洲市小篠原2142番地)

※シライシアター野洲(野洲文化ホール)横

日程

10時00分から    オープニング    歌声コンサート

10時30分から    第1部    お話会

11時30分から    第2部    俳句会表彰式、選評・総評

主催

北村季吟顕彰会

共催

野洲市、野洲市教育委員会、野洲市北自治会

協力

北村季吟生誕の地 北遊遊倶楽部、ウィズ・ユー

 

第67回ポスター(PDF:1.9MB)

 

*主催者様のご依頼により、上記、掲載しています。

タイトルとURLをコピーしました