『公募ガイド』「阿刀田高のTO-BE 小説工房」5枚(毎月末〆)

月刊誌『公募ガイド』のTO-BE「小説工房」というコーナーで、原稿用紙5枚の掌篇小説を募集しています。審査員は作家の阿刀田高氏。

文字数は、最優秀賞は誌面に掲載される関係から、5枚以内ではなく、5枚ジャスト。

最優秀賞の賞金は3万円(現金ではなく商品券)と高額です。

最優秀賞でも事前の連絡はありませんので、発売日当日に雑誌を見てわかることになります。

応募数は、200~250ぐらいのことが多いです。

毎月、課題が出るので、その課題が書きやすいか書きにくいかということにも左右されるようです。

クラブmottoに登録しておけば、無料の会員でも過去の佳作と選外佳作が読めます(最優秀賞受賞作品は雑誌掲載のみでネットでは読めません)。

*『公募ガイド』は毎月9日発売(9日が日曜の場合は前日)

            

スポンサーリンク