第2回 子母澤寛文学賞・愛猿記賞(2019/3/31〆)

「子母澤寛(しもざわかん)文学賞・愛猿記賞」は、厚田ふるさと平和・文学賞 実行委員会が募集している文学賞です。

短編小説部門として「子母澤寛文学賞」を、エッセイ部門(子母澤寛作品の感想を含む)として「愛猿記賞」を設立し、それぞれ広く募集します。

昨年、第1回が開催され、今回は2回目です。

厚田というのは、北海道ですが、居住地やテーマの縛りがなく、応募資格は不問です。

短編小説部門「子母澤寛文学賞」30枚
大賞=15万円(1名) 佳作=5万円(若干名)
エッセイ部門「愛猿記賞」3枚
(子母澤寛作品の感想を含む)
大賞=3万円(1名) 佳作=1万円(若干名)
※各当選者に副賞として石狩市・厚田区の特産品を進呈します。

第1回の短編小説部門では、大賞がでていません。

両部門とも受賞作品は主催者サイトで公開されています。

スポンサーリンク