令和4年度「中小企業診断士川柳」(2022/10/20〆)

俳句・短歌・川柳
令和4年度「中小企業診断士川柳」の募集について


 東京都中小企業診断士協会(以下、東京協会)は、11月4日(木)の「中小企業診断士の日」
にあわせて中小企業診断士川柳を募集します。
今年のお題は「デジタル化」です。中小企業の経営や支援に関わる人々の喜怒哀楽、
中小企業を温かく応援する心を17音で詠んで、ぜひご応募ください。
応募作品は、会員による投票で優秀作品を選び、11月8日(火)開催「中小企業経営診断
シンポジウム」の東京都中小企業診断士協会「中小企業診断士の日イベント」にて表彰します。

 本年度のイベントは、新型コロナウイルス感染症の感染防止の観点から、現地会場と
オンライン会場のハイブリッド形式で開催予定です。詳細については、後日、東京協会ホーム
ページ等でご案内いたします。

 中小企業診断士川柳の募集は、お陰様を持ちまして、今年で7回目を迎えます。東京協会では、
日本全国の皆様に中小企業診断士川柳にご関心を持っていただくとともに、本事業をとおして
中小企業診断士および東京協会の活動にご興味を持っていただきたいと願っております。

                    記

1.「中小企業診断士川柳」の募集について
 次の要領にて、川柳を募集します。皆さま奮ってご応募ください。

(1)お題:「デジタル化」
  今こそ中小企業に求められているデジタル化。それを温かく応援する視点で、
  その時の喜怒哀楽を斬新な発想で、17音の川柳で詠んでください。

(2)応募資格:
  中小企業診断士及び中小企業診断士に関心のある方ならどなたでも応募できます。

(3)募集期間:2022年9月1日(木)~2022年10月20日(木)まで

(4)応募方法
・以下の「中小企業診断士川柳」応募ページからご応募ください。

 【「中小企業診断士川柳」応募ページ】 

・応募は未発表の作品とします。
・応募点数は、一人3点までとします。
・住所、氏名、職業等をご記入ください。(入選者への連絡のため)

2.選考について
 東京協会会員による事前投票および「中小企業診断士の日イベント」参加者による投票で
優秀作品を選びます。

3.表彰について
(1)日時:2022年11月8日(火)13:30~16:00(予定)
(2)会場:中小企業経営診断シンポジウム 東京協会イベント会場およびオンライン会場
(3)優秀作品には、賞金又は記念品と賞状を授与します
 ・最優秀作品 1作品 賞金3万円と賞状
 ・優秀作品  2作品 賞金1万円と賞状
 ・入選作品  7作品 記念品と賞状
 ・特別賞       記念品と賞状
(5)授与式はオンライン、代理での参加が可能です

※表彰式およびイベントの開催については、変更の可能性があります。
 最新情報は東京協会HPでご確認ください。

*上記、主催者様のご依頼により掲載しております。

 

 

みんなが欲しかった! 中小企業診断士の教科書 (上) 2022年度 (みんなが欲しかった! シリーズ) 単行本(ソフトカバー) – 2021/10/23

ゼロからスタート! 金城順之介の中小企業診断士1冊目の教科書 単行本 – 2019/1/19

タイトルとURLをコピーしました