第23回 ふくい風花随筆文学賞(2019/10/31〆)

第23回ふくい風花随筆文学賞の募集要項が2019年7月に発表になりました。

ふくい風花随筆文学賞は、福井県出身の芥川賞作家津村節子氏の随筆集『風花の街から』にちなんで「風花」を冠した文学賞です。全国から広く随筆作品を募集することにより、文学愛好者の創作活動を奨励し、文学の振興と発展を図ることを目的としています

前回、第21回の一般の部応募数1264編。入賞作品集を主催者サイトで読むことができます。

テーマは自由で、枚数は、3~5枚

ペンネーム可です。

【一般の部の賞】

  最優秀賞(1名)30万円
  優秀賞(若干名)5万円
  U30賞(1名)5万円

特別審査委員長 
    出久根 達郎(作家)

平成18年度に第1回~10回までの受賞作、最優秀賞作と選評を掲載した受賞作品集が出版されています↓

スポンサーリンク