令和3年度「1ページの絵本」作品募集(2021/9/10〆)

その他の公募・コンテスト

1ページの絵本」は茨木県古河市(こがし)にある古河文学館で毎年募集しているコンテストです。

古河出身の鷹見久太郎が創刊し、児童文学史に大きな足跡を残した絵雑誌『コドモノクニ』とその後継誌『コドモノテンチ』。当地に残る絵雑誌の絵に付する詩や物語を募集します。

◆指定された2点((1) 東山 新吉(魁夷) 画、(2)本田 庄太郎 画のどちらか、両方でも可)の絵につける300文字の詩、または物語

◆賞品:図書カード

◆表彰式:12月5日予定

<応募数>

2018年 一般 219点

2019年 一般 312点、小中学生の部 2938点

2020年 一般 436点、小中学生の部 5150点

 

*『コドモノクニ』には、東山魁夷や竹久夢二も挿絵を描いています。

記念館に行くと見ることができます。どちらも小さな美術館ですが、お勧めです。

市川市東山魁夷記念館

竹久夢二美術館

タイトルとURLをコピーしました