第22回 長塚節文学賞(2019/9/13〆)

第22回長塚節文学賞が4月1日より募集開始になりました。

長塚節文学賞は、常総市出身の歌人・作家として知られる長塚節(ながつかたかし)を広く顕彰するため、短編小説・短歌・俳句の三部門について作品を公募し、入選作品集の刊行等を通して、「節のふるさと常総」の文化を全国に発信していこうとするものです。

主催は、茨木県常総市。小説部門の枚数は21~50枚。

応募部門としては、小説の他に俳句、短歌があります。

応募の際に応募料(1000円)がかかりますが、応募者全員に入選作品集が送付されます。

写真は、かなり前のものなのですが、主催者サイトから取り寄せた入選作品集です(1冊800円)。

掲載されているのは、小説部門だと、優秀賞1作、佳作3作、奨励賞4作の計8作です。他にも俳句や学校奨励賞受賞校一覧、資料などがたくさん掲載されているので、全部で246頁とボリュームがあります。

また、巻末には「応募者」(通過者ではなく全応募者)の氏名(筆名可)が掲載されていました(今も同じ体裁や内容かどうかはわかりません)。

スポンサーリンク