第6回 ブックショートアワード(2019/8~2020/3 8期開催)

第6回ブックショートアワードの募集が8月1日より開始になりました。

*文字数と賞金額が変更になっています(大賞作品のショートフィルム化は変わらず)。

第5回、1,000字以上10,000字以内 大賞賞金100万

第6回  5,000字以内 大賞賞金50万円

このコンテストは、毎年6月に開催されている「ショートショートフィルムフェスティバル」の主催者が立ち上げた、掌小説を公募しショートフィルム化するプロジェクトです。

2014年8月。ショートショート フィルムフェスティバル & アジアは、新プロジェクト「Book Shorts(ブックショート)」を立ち上げました。

コンセプトは、「Re-Story」。

短編小説を公募して物語を集め、ショートフィルムをはじめとした多彩なメディア、視点で再構築=Re-Storyしていくプロジェクトです。物語に様々な角度から光を当て、色々な形でその力を伝えていきたいと思っています。(主催者サイトより)

第4回は、フィルムフェスティバル20周年を記念して「20」というテーマでも募集がありましたが、第5回からは、元にもどって二次創作(下記テーマ)のみの募集です。

おとぎ話や昔話、民話、小説(※)などをもとに創作したショートストーリー。アレンジやスピンオフ、新釈作品。

※パブリックドメインの作品に限ります。詳しくはこちらをご参照ください。

選考方法は、毎月締切を設けて8か月間募集しつつ、並行して各月ごとの優秀作品を選び全文をサイトに掲載します。そして、それら優秀作品の中から最終選考作品が選ばれたのちに大賞作品1本が選ばれるという流れになります。

応募数は約2000。

ブックショートは1度でも応募しておくとメールでコンテストの開催や結果発表のお知らせが届きます。

ブックショートでは、本賞(ブックショートアワード)とは別に、企業とコラボしたコンテストが開催されています。

at home AWARD】2016年4月~7月

【アース製薬】(結果発表済)

応募数581作

優秀作品数<2017年6月期11、7月期17、8月期27、9月79=計134作)

・テーマ「家族を思う気持ち」

・大賞 30万円+ショートフィルム化

・毎月5名にアース製品詰め合わせ

・字数1000~10000字

【リンレイ】(結果発表済)

応募数525作

優秀作品数<2017年7月期6、8月期7、9月期17、10月期36=計66作の中から最終選考15作

・テーマ「日本のキレイ」

・大賞 50万円+ショートフィルム化

【LOVE KAMATA  AWARD】(6/15〆 8/2結果発表済

応募数479作

【ホッピーハッピーアワード】

*ブックショートおよび関連アワードの応募作から、25作品をピックアップした書籍が2019年7月4日に発売されています↓

スポンサーリンク