第16回 坊っちゃん文学賞(2019/9/30必着)

第16回坊っちゃん文学賞の募集要項が2019年4月23日に発表になりました。

今回からショートショートの賞に変更になっています。

字数は、4000字以内。テーマなし。

◆大賞(1名) 賞金50万円 (大賞作品は雑誌『ダ・ヴィンチ』に掲載)

◆佳作(5名) 賞金10万円

2019/8/27  主催者サイト「よくあるご質問」(FAQ)アップ

2019/9/9 『坊っちゃん文学賞作品集1988-2017』限定150部を2,000円(税込)で販売中

プレス発表記事

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<参考>

前回の第15回では、子規・漱石生誕150周年を記念して、ショートショート部門が設けられていました(大賞賞金20万円、佳作(1名)賞金5万円、子規・漱石特別賞(1名) 賞金5万円)。ショートショート部門のテーマは青春で、応募数は1087本でした。受賞作が公開されています。

◆受賞作『オトナバー』

◆佳作『shell work』

◆子規・漱石特別賞『はるのうた』

*2001年「 卵の緒 」で坊っちゃん文学賞を受賞して作家デビューした瀬尾まいこさんが2019本屋大賞を受賞されました↓

スポンサーリンク